かさぶた

私の右手中指の爪、今先端部分3~4ミリ四方、ない笑

家を掃除していた時に何か棚の鋭利な部分にて削ってしまった(?)みたいでふと気づいたら激しく流血してた。

 

怪我に気付いた瞬間は出てくる血の量にびっくりし、その後、普段意識したことがなかったけれども右手中指がいかに日常生活で大切な役目を負っていたのかを知った。

 

キーボードを打つと響いて痛い。

シャンプーをしようとしても怖くて指先に力を入れられない。

朝お化粧しようとしたときに毎日自分が右手中指を使ってファンデーションを塗っていたことに気付く。仕方ないので人差し指にて作業をしようとするのだがなんかうまくいかない。

あと一番困ったのは地味に痛い。水にぬれるととくに痛い。手を洗ってて何回アメリカ人張りのリアクションをしたことか。

 

なので、防水の絆創膏で厳重に傷口部分を守り、さらに衝撃を与えないように(うっかりぶつけると激痛なので。そりゃそうだそりゃそうだ普段爪が守ってくれている肉が直接出てしまってるのだから)テープでぐるぐる巻きにして1週間ぐらい過ごした。

 

ある晩、ルーティーンと化していた絆創膏の付け替えをしようとそれを外すと、傷口の皮膚はまだちょっと出来立てで頼りないものの皮膚として独り立ちできるレベルに復活していた。そして、爪の根元には、小さなかさぶたができていた。どうやら爪がある部分がえぐれた時、その部分も傷つけていたみたいだ。爪が剥げるという派手な怪我にばかり目が行っていたがこちらも触ると痛かった。絆創膏をきつめに貼っていたのでそのせいでジンジンと痛むのかと思っていたけれど、どうやらこのかさぶたの部分が痛かったみたいだ。

 

なんだかよくわからないけど、その瞬間絆創膏はるのがいやになってしまって、私は、かさぶたができ、爪は一部かけたままでまだまだ見苦しい右手中指をそのままさらしておくことにした。

 

今までは厳重にばんそうこうに守られていた右手中指だったけど、恐る恐るキーボードを打ち、シャワーを浴び、お化粧をしているうちに、全く問題がなくなった。

 

「意外と(治りが)早かったな」と思っていると、今朝、かさぶたがまるまるぽろりととれた。かさぶたが取れた部分はいつも通りのきれいな皮膚に戻っていた。

 

「これで、爪がきれいに生えるまであとちょっと待てば元通りだな」と思ったのだけど、その時、これって失恋と似てるな。と思った。

 

失恋直後は今まで普通にあった(居た)存在がいなくなり、もうどうしていいかわからないぐらい心は痛み、傷つき、ただただそれを守ってあげることしかできない。過剰なぐらいに。

その後、少しづつ起こった事実を受け止め、それでもやはり痛む傷を傷を守りつつ日々を生きる。

そんなに簡単に復活はできないけど、毎日を生きているうちに少しづつ元の自分を思い出し、思い切って傷を認識して、隠すのをやめる。

まだまだ完全に忘れられなくても前に進んでいくと、ある日突然かさぶたがぽろりととれるように突然吹っ切る瞬間が来る。

まだ、完全には吹っ切れていない。

 

けど、たぶん大丈夫。

あとは毎日日々生きていれば、前に進めばいつの間にか何ともなくなっている。

 

きっと私の欠けている爪が気付いたら元通りになるように。

 

人間の心と体は、どっちも傷を治せるようにできている。