One Of A Kind

好きな映画・ドラマ・俳優とかを勝手に売り込むブログ。なるべくネタバレしたくない。あとツイッターには長すぎるつぶやきもこっちで。

”空飛ぶタイヤ”

公開から2か月が経ってもう上映劇場がほぼない!というこのタイミング、滑り込みぎりぎりで先週見てきました、”空飛ぶタイヤ”。

soratobu-movie.jp

 

あのね、結論から言います。

よかった。すっごくよかった。もっと早く劇場に行けばよかった。

実は、私、内容には期待してなかったんですよ、この映画。映画化が決まって(高橋一生が出演って話だったし)すごい楽しみにしてたのは事実。でも、原作読んでみたら上下巻で壮大に話は広がってるし登場人物めちゃくちゃ多いし、ましてや現実社会のお話のディティールをかなりしっかりと書いて読ませる池井戸潤さんの作品だから、映画にしたときに端折る部分とかディティールが多すぎてわけわかんないことになるけど松竹の財力とコネクションを使って集めたキャストと主題歌とかでなんとか勢いで行く映画、になるんだろうな、って思ってたんです。

しかし!

確かに一人一人へのフォーカスはざっくり切られているのだけれど、過不足ない説明とテンポの良い流れであの原作をすごくいい意味でダイジェスト的に収めていたんですよ!原作を読んでいただけに、脚本家さんすごいなあ~と上映終了後しみじみと思いました。

そして情報量の多い内容を観客が最後まで飽きたり疲れたりすることなく観ることができたのは間違いなく配役の妙。知ってる顔だらけの映画だったので演技力が低い人がいないのは当然なんだと思うんですけど(松竹だし)、一人一人が役にぴったりはまってるんですよ。意外な配役で冒険、とかじゃなくて「ああ、この人のこの役はぴったりはまるな」と安心して観ることができる配役。

 

f:id:oneofakind:20180820182122j:plain

まず、主役の赤松社長を演じた長瀬智也。この人、前々からちょこちょこ言ってるんですけど本当に男としてMr. Perfectですよね。テレビの長瀬智也しか知らないから現実どうなのかはわからないですが少なくとも俳優として芸能人として完全に「持ってる」人。だなあ。と見るたびに思います。外見的な整った顔と大きな体はもちろんだけど、声だったりとか動きとかもすべてが「THE 男」なんですよね。でもこの人の一番の財産は間違いなくその存在感(またの名をオーラ)ですよね…。画面に長瀬智也AKA赤松社長が映ると目が行ってしまう。すごい。

 

f:id:oneofakind:20180820182205j:plain

主役赤松社長のカウンターパート沢田を演じたディーン・フジオカ。この人に関しては何の恨みもないしすんごいイケメンで長瀬智也とは別の意味でのMr. Perfectだなって思うんですよ。が、私的におディーン様、アンドロイド感がすごくて…。なんでだろう…パーフェクトすぎて、映画見てる最中もムロツヨシの横でお酒あおっててもPCの前で苦悩してても「何…このパーフェクトな顔…CG?」ってなってしまってねえ(この写真見ててもCGじゃない?ってなる)。日本人なんだけどいろんな言語を話す方だからなのか声質なのか話しててもちょっと機械感を勝手に感じてしまうんですよ。でもだからこそ、大企業の中にどっぷりつかって人間的な思考が停止している(停止せざるを得ない)この役がはまってましたよね。

 

f:id:oneofakind:20180820182016j:plain

そして、ポスター等で3トップ的扱いになっていたのでさぞかし出番もあることだろうと期待していた銀行員井崎役の高橋一生オイ!松竹!あのポスターはずるいぞ!高橋さん出番少ないじゃないか!と、言いたいのはやまやまなのですが、さすが高橋一生、出番自体は少ないのですが、映画の中のいいアクセントというかものすごくいいスパイスとして映画の締め役(そんな言葉ないか笑)となっているな、と思いました。これから見る方もいると思うので細かくは語りませんが最後の出番で私は天を仰ぎましたよ。「やはり高橋、女の心をつかんで離さないわね!」と。

あと、ポスターではちいっさい扱いになってるムロツヨシ氏!いつもお笑い枠、オチ枠等不憫な扱いというかキャラ枠で扱われることが多いムロ氏ですが、今回はなんと!キャラ枠じゃない!普通にいい役!後ムロさんに関しては本当にどんな役でもハマるよなーと。私はこの映画を観ながらムロさんが思いっきり極悪非道な悪役をやるのが見たいなーと思ってました。

女性陣に関しては、とりあえず、ふかきょん=女神、小池の栄子姐さん=抱いてください、と言うのが感想です。

 

あとね、サザンオールスターズの曲が良すぎるよね。「しんどいね生存競争は」っていう歌詞がこの映画にぴったりすぎて。しんどいんですよね、生きていくのって。でも生きていかなきゃいけないんですよね。生きるならとことんまで自分を貫かなきゃいけないんですよね。

 

ホントは一人づつのキャストについてもっとごちゃごちゃ書きたいし、ネタバレの感想も書きたいんだけど、なぜか最近忙しくてちょっと時間がないので取り急ぎ自分の中のフレッシュな感想を書きたかったので、なんだかちょっと中途半端だけどポストしちゃいます。後でこっそり書き足すかも!

 

みんな、DA PUMP聞いて残りの夏も乗り切ろうね!!!